ハニーズの優待率は株初心者には敷居が低い

株式投資を始めたばかりの株初心者として、「株主優待」というのはとても魅力のある企業サービスです。アメリカの企業などには無いシステムで、日本独自のサービスとなっております。

株主優待で貰える商品券通常、企業は年に一回若しくは二回「配当金」というものを株主に払ってくれます。それとは別に、「株主優待」として、対象企業の株を一定数取得している株主に対して、サービス券や商品券、割引券や食料品など、独自のサービスをしてくれている企業もあります。
一般的には配当率の高い企業が人気になったりしますが、日本においては「株主優待」の利率が高い企業の人気もかなりのものです。特に株初心者にとっては、目に見えてお得を感じられる=優待の変換率が高い企業が人気になったりするものです。

企業によっては、配当+優待利率で5%や10%、20%を超える企業もあったりします。株初心者の方へのお勧めは「ハニーズ」株となります。
女性向けの洋品店を販売している企業ですが、ここの「株主優待」がかなりお得なので、ご紹介したいと思います。
まず、優待の最低単元が「10株」からあります。毎年5月末の株主にハニーズで使用できる¥500分の自社商品引換券を貰うことができます。「50株」だと¥1000となり、「100株」だと¥3000の自社商品引換券となります。優待利率に関しては、その時々の株価によって変動しますが、概ね10株主で4%前後となります。

株初心者のお父様方は、ママや娘へのプレゼントに利用できる「ハニーズ」株は、投資を始める(家計のお金を使う言い訳にする)には最適のチョイスだと思います。